刺青・タトゥー・アートメイクをきれいに除去できるクリニックを比較

レーザーで除去する

このページでは、アートメイクやタトゥー・刺青の除去方法として「医療用レーザー」でについて紹介します。

医療用レーザーについて

最初に言っておきますと、このサイトでいろいろとアートメイクやタトゥー・刺青除去について書いている自分が選んだのが、医療用レーザーによる除去でした。

以前は、タトゥーを取るには手術以外に方法がなく、施術を受けた後も傷跡が目立っていたといいます。しかし、現在は医療レーザーを使用することで、傷跡をほとんどのこさずにタトゥー・刺青を除去することが可能になりました。

自分がうけた施術をもとに治療法を簡単に説明すると、まず、レーザーを除去したい刺青部分に照射します。そして、照射された色素の塊を小さく分解。この色素の塊が小さくなることで、肌の表面に描かれていたタトゥーが肌の表面から見えなくなるのです。

レーザーを照射して色素の塊を分解するときには、肌の角質も同時に削り取られます。削り取られることで肌のターンオーバーが促進され、スムーズに除去きる、という流れです。

レーザー治療で除去できるタトゥーのタイプ

レーザーは黒色や濃い茶色、濃い青色に反応して、色素を破壊するという特徴があります。レーザーが反応しづらく、除去しにくい色としては、ブルーや緑色、黄色、ピンクなどです。

タトゥー・刺青の大きさや深さにもよりのすが、治療にはたいてい、5~10回の照射が必要。治療間隔は2ヶ月程度あけるので、治療完了までに1年ぐらいかかります。

レーザー治療についてまとめると、

  • 治療費の総額が高額になる場合がある。
  • レーザーでは黒色(青色、赤色)が除去できる。
  • レーザーは緑や黄色などの色には反応が弱く、カラフルな刺青は薄くできても完全に取ることは難しい。
  • タトゥー・刺青の色が除去できた場合でも、その跡が白っぽく脱色することもある。

という感じです。

傷痕がもっとものこりにくい治療法のひとつなので、まずはレーザーから試してみるといいと思います。

タトゥー 除去の詳しい情報についてはこちら
http://www.shirono.net/operation/artmake/

 
ページの先頭へ
刺青が除去できるクリニック比較サイト